1976年、日本水産株式会社は、新たな水産資源を求め当時未開発であったチリ南部水域の底魚資源漁場へアクセスするため、現地の漁業当局および海事当局の法的な許可を得て、チリでの事業をスタートさせました。工船「Kirishima」を投入し、食品事業や輸出事業の源となるチリ南部水域での操業が開始したのです。

 

こうして、 日本とチリの資本による合弁事業として形成される「エムデペス社」誕生への歴史を紡ぐ第一歩が始まりました。バルパライソ港を拠点に、二隻の工船「Kirishima」と「Fuji」を導入し、1978年10月11日、エムデペス社が正式に誕生したのです。この日以降、チリ人と日本人の船員による協働も始まり、後にプンタ・アレーナスにおいても事業の展開を開始します。

 

その後、年月を経て、当社のスタートを支えた工船に替わるより最新のテクノロジーとリソースの条件に適応した工船を導入しました。現在、エムデペス社は排水量約5000トンの2隻の工船、「UNZEN」と「UNIONSUR」(すり身工船)を保有し、これらの船が社の全ての製品の生産を担っています。

MAIN OFFICE

Santiago

Av. Providencia nº2633 of.1501 Piso 15, Edificio Forum

Providencia, Santiago, Chile

Teléfono: (56-2) 2414 3600

 

Punta Arenas:

Independencia 865

Punta Arenas, Chile

Teléfono: (56-61) 22 7089

 

Valparaíso:

Errázuriz 755 of 601

Edificio Estación Puerto

Valparaíso, Chile

Teléfono: 32- 2250191

 

© copyright 2016 Emdepes  S.A

 

Diseño: proyectovision.cl